お金がなかったら仕事をすれば良いだけの事

お金がなかったら仕事をすれば良いだけの事ですから、すぐにでも仕事をしてお金を稼ぐという事をするようにしましょう。

今はいつでも仕事をする事が出来るという環境が整っているという事が言えます。よく仕事が無いというような事を言う人がいますが今の日本は仕事が有り余っている状態ですから、そのような事は決してないはず。自分が出来ない仕事だというように考えていたり、単にやる気がないだけという事の場合がほとんどですから、そのような事を言っている暇があれば働きに行くという事を考える必要があるはず。

これには政府のやり方も問題があると言わざるを得ません。特に過剰な生活保護はやりすぎも良い所という事になるでしょう。これが人々から仕事をする意欲を奪っているというのですから始末におけません。
何しろ働くよりも生活保護を受けた方が楽が出来る上に収入にもなるという意味不明の事が起きているわけですから、これでは行政の手腕が問われるのも当然というになるでしょう。人々はそのようなために税金を払っているわけではありません。

確実に意味のある事に税金を払っているのであって、働かない人のためでは無いという事をしっかりと考える必要があるという事になります。

このような事を避けるために、生活保護という考え方を無くしてしまうという事も一つの方法でしょう。生活保護が必要な人は、厳正に吟味して絶対にそのお金が無ければ生活できないという人でないと与えないという事を徹底するという事です。与えるのもお金ではなくお米やお米券にするというような事を考えても良いかも知れません。
つまり、生活保護を受けるのは、楽な事では無いという事を考えなければならないという事です。

今の生活保護も最初はこのような方針で始まったというように考えられますが、人は少しでも楽を覚えてしまうと、それを忘れることが無いので、二度とそのような好待遇を逃すことは無いという事になるわけです。生活保護を受けている人が優雅な生活をして、一生懸命に働いている人が厳しい生活をするという世界では世も末という他ない。

基本的に今の日本はこれだけの市場経済規模になっているわけですから、そこで稼ぐ事が出来ないということになっているという事は、その事に問題があるというように考える他ない。
つまり、本人にやる気がないという事です。仕事がないという事が昔から言われることがありましたが、既に求人倍率が一倍を超えている今では仕事がある事は間違いありません。そのような中で仕事が無いといっているのは、自分がやる気がないというだけの事を隠しているにすぎません。基本としてまず自分のやる気を前提に考えなければならないという事を自覚してもらう必要があるという事になるでしょう。

特に問題なのがこの生活保護と年金制度という事になるのかもしれません。何しろ年金制度も意味不明で、これだけ若者が少ないにもかかわらずに高齢者を相変わらず優遇するという事をしているわけですから、この年金制度がいかに若者を苦労させているのかという事を考えなければならない。何しろお金が無い若者からお金がある老人に引き渡す制度ということになっているわけですから、意味が分かりません。

今働いている若者のほとんどが自分が年金を受け取る側になってもほとんど受け取る事が出来ないという事をしっています。何しろ既にこのシステムは破綻しているということが分かっているわけですから、このような意味のない制度を続ける事もおかしなことだといって良いでしょう。
自分の年金は自分で稼ぐというのであれば、これは理解できますが、人の稼ぎから自分の年金を獲得するというシステムが如何に異様なモノなのかという事を考えておく必要があります。他人の稼ぎを自分の収入にするという事が如何に不思議な事なのかという事を考えなければならない。

この年金システムは作るにも費用がかかっていますし、維持するにも莫大なコストがかかっていて、役所は年金事務所というようなものまで作って管理をしているわけですから、いかに不思議なモノなのかという事を考えなければなりません。
何しろこの役所は税金でもないのに、他人から資金を獲得して、それを年金受給者にあげるという事をしているだけの部署で、年金制度がなければ必要ない部署でもあるわけです。これが如何に社会悪になっているのかという事も考えなければならないでしょう。

此処で働く人達の給料も当然のことながら税金から出ているという事になります。これを考えれば、一生懸命に働くことが如何には馬鹿らしいということになるのかは理解できるという事になるでしょう。この年金制度などなければこうした人たちを働かしてさらに国を富ますことも出来ているのです。

つまるところ、行政がしっかりとしないとまともに働く人が馬鹿を見ることになるというわけで、行政を監視するという事をしなければなりません。

今の時代、正社員で働いていても安定は難しいですよね。ましてやアルバイトで食いつないでいるような自分は将来真っ暗です。日雇いだったり、バイトの掛け持ちだったり、その日をしのげるような働き方は身体を壊してしまったりしたら一発アウトです。バイトでも借りれるおすすめカードローンという記事を見たので、万が一動けなくなった時のために知っておくことは大切だと思いました。