お金の運用を考えた時に知っておきたいこと

現在ある程度の収入やお金があり、運用を考えている方が知っておいた方がいいことがあります。
お金の運用となると、いろいろな方法があるのはご存知で、中には名称を知っているものもあるでしょうが、どのような運用手段についても考えておかなければならないことがあります。
それは手数料などの必要経費がどれだけ抑えられるかということです。

自分はこの分野がもうかりそうだから、この商品やサービスで運用すると決めている方もいらっしゃるかもしれませんが、ネットでの取引などが増加してきた現在では、以前と比べなかなかなかった低コストの投資信託なども販売され人気を集めています。

また、商品の手数料以外にも税金などのコストがかかるのが通常ですが、NISAやつみたてNISAといった制度を活用することで、それらを抑えることがしやすくなってきます。
これらは適用年数や1年間の投資総額などといった制限がありますが、お金を運用したときに利益が出ても非課税になることが多い制度ですので、まず一定金額から運用を始めようと考えている方などには考えてみるといいかもしれません

これらの制度は証券会社もキャンペーンなどを行っていることが多く、株などの売買手数料などがかからなかったりすることもありますので、よりお得になる場合があります。

NISAは株や投資信託、ETFなど、つみたてNISAは指定された投資信託などが対象と手段は限られていて、つみたてNISAの商品などは初めからフィルターにかけられた商品の中から選ばなければなりません。
これはこの制度で定められた最長20年という長期投資でも影響がより少ないように投資信託等の保有中にかかる信託報酬といった費用などが抑えられたものが選ばれているからです。

ある程度のまとまったお金がある方には、NISAで年間120万円まで、つみたてNISAで年間40万円までといった制限はものたりなく感じるかもしれませんが、それでも知っていてその範囲で利用すれば有利になりやすいでしょう。

ただこれらの制度は損をした場合などは、他の運用との損益通算などができないことが多いので、その点は注意が必要でしょう。